診療案内

診療案内

緑内障

緑内障 緑内障とは、その人にとって耐えられない眼圧によって視神経に障害が起こり、そのために目から入る情報を視神経できちんと脳に伝えることができなくなり、結果として視野が狭くなってしまう進行性の病気です。

緑内障治療の詳細を見る

日帰り白内障手術

白内障 白内障とは、目の中にあるレンズの役割をしている水晶体という部分が白く濁る病気です。
水晶体は、もともとはほぼ透明な組織ですが、白内障によって白く濁ると、様々な症状が出ます。

当院では「白内障の日帰り手術」を実施しています。お気軽にご相談ください。

白内障治療の詳細を見る

ドライアイ

ドライアイ
目は常に薄い涙の膜で覆われて保護されていますが、ドライアイとは、目を保護している涙液の安定性が低下することで目の表面の健常さが損なわれ、さまざまな症状が出現する疾患です。

ドライアイ治療の詳細を見る

小児眼科

小児眼科
子供の視力はおおよそ8歳までに決まると言われています。
小児眼科においては、上記の3歳児検診や眼科受診にて早期発見、早期治療を行なうことが何よりも大切です。

小児眼科治療の詳細を見る

目のアレルギー

目のアレルギー
アレルギーは皮膚や鼻など体中に現れる疾患で、目にも症状があらわれる場合があります。
日本では約3割の人がアレルギー患者と言われて年々増加しています。
外気よりアレルギーの原因物質であるアレルゲンが結膜に付き、アレルギー症状を引き起こしてしまうのです。
特に目は眼球が常にさらされている状態になるため、外からの刺激や異物が付きやすくアレルギー反応が出やすい部分でもあります。

目のアレルギー治療の詳細を見る

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症
糖尿病網膜症とは、糖尿病の合併症として起こる目の病気です。

糖尿病が原因となり目の中にある網膜が障害を受けることで、視力が低下してしまうのです。
進行具合によって「単純」「増殖前」「増殖」の3つの時期に分かれており、時期によって治療法が変わってきます。
単純糖尿病網膜症は初期段階ですが、増殖糖尿病網膜症になると重症な段階となります。
現在では糖尿病患者が増加しており、それにつれて糖尿病網膜症患者も増加しています。失明にも至る病気で、中途失明の原因の2位になっています。

糖尿病網膜症治療の詳細を見る