メニュー

まぶしい

まぶしい症状だけでなく、充血や痛みを伴う場合は、ぶどう膜炎など緊急性の高い疾患である可能性があります。なるべく早く眼科受診すべきです。
小児でまぶしさを訴える場合は、角膜に小さな傷がたくさんできている場合があります。傷ができる原因としては、逆まつげやアレルギー、目の乾燥(ドライアイ)などがあります。また、これらが複数組み合わさるケースもあります。ひとつひとつの所見から原因を突き止めて、適切な治療方針を立てます。
中高年以上の方でまぶしさが気になる場合、上述のふたつ

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME