メニュー

まぶたが腫れている(痛みあり)

まぶたがある時から急に腫れて痛み出したとき、多くは両目のまぶたではなく、片目に起こると思われますが、多くは麦粒腫(ものもらい、めばちこ)です。
市販の点眼薬では効果が出ないことも多く、様子をみている内に悪化して腫れや痛みの程度がひどくなることもよくあります。大きく腫れてしまうと当然ではありますが、治るまでの期間も長く掛かり、つらい思いをせねばなりません。
ですので、痛み出したらすぐに眼科専門医が処方する抗菌点眼薬や眼軟膏を使用し、早期に治癒すべきです。非常に早期(わずかに腫れている、まばたきをするとわずかに痛い)に抗菌治療を開始すれば、治るスピードも非常に早いです。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME