メニュー

涙が出やすい・多い

乳児で生まれつき涙が多いのは、先天鼻涙管閉塞といって、涙腺から出た涙を鼻やのどに逃がす通路(鼻涙管)が塞がっている状態です。

自然と治ることが多いですが、治療が必要になる場合もあります。 比較的若年の方で涙が多いと訴えることは少ないですが、アレルギーぶどう膜炎など、しっかりと治療する必要のある疾患が多い印象です。

若年・高齢を問わず、ドライアイでも涙が多くなることがあります。 冬の冷たい風に当たると涙が出るというのもこれと似たメカニズムで起こります。反射性流涙といい、角膜神経が刺激を受けることによって一時的に流涙が増える現象です。

ご高齢の方でいつも涙が多いという場合は、多くは後天性の鼻涙管閉塞もしくは鼻涙管狭窄症です。しかし、実際の診察では涙が少なくても涙が多い(もしくは多いように感じる)と訴える方がいます。 この場合は、結膜弛緩症がまず考えられます。

これらの治療パターンはいろいろです。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME