メニュー

目がくしゃくしゃする

この特有の表現で目の異常を訴える方は、例外なく70歳前後以上の高齢者です。
ひょっとすると、この表現は私(院長)がふだん診ている関西の方だけの表現で、同じ日本でも地方にはない表現、もしくは異なる表現がなされている症状なのかもしれません。
とにかく眼科の教科書でこの表現を見かけることはなく、日常診察のみで表出される症状です。
「目がくしゃくしゃする」。まさにこの表現がぴったりするような症状が出てきたならば、それは高齢者の仲間入りを意味するかもしれません。私自身いつかはそういうときが来るだろう、そのときは・・・と考えています。
私の両親にこの表現を詳しく聞いたことがあります。いろいろ言ってはくれましたが、結局私自身がこのくしゃくしゃするという状態をしっかり理解することは残念ながらできませんでした。

この症状の原因は、高齢者特有の状態、すなわち加齢性眼瞼下垂、結膜弛緩、流涙症(鼻涙管狭窄症)などが渾然一体となって生じるものと考えます。ですので、眼科に行って目薬をもらえばすっきりするというものではありません。
一番目立つ所見を中心に点眼処方することで症状をやわらげます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME